FC2ブログ

ねろたん

ねろたん

個人コース自分とつながる宇宙の仕組みのご感想をいただきました。

東京都Kさま


ねろたんさんの「自分とつながる宇宙の仕組み」、とても贅沢な時間でした。

ねろたんさんのメッセージ、講座を思い出しながらとてもあたたかい気持ちになります。
受講できたこととてもうれしく、とても感謝しております。
ありがとうございました。

数秘と声紋分析、とても興味深かったです。
私のそこ変えたいな…ってところが、実は私の性質!?と驚き、
そうか、、、自分なのか、、、私なんだぁって納得できてくると、
これまで頭でぐるぐる考えてしまうようなことが、すっと腑に落ちて楽になりました。
自己理解って、とてもありがたかった。

そして心と身体のつながり、からだは何でも知っているんだーと体感、実感できたこと、
私は、自分がどう感じているのかわからない‥‥と思うことが度々でとても不安に思っていましたが、
私、大丈夫なのかも。。。といまはふっと安心感を感じられています。
講座が進んでいく中で、私は私でいいんだ、自分を認める気持ちが自然と深まっていって、心があたたかかく軽くなるのを感じました。

実は昨日はまる一日、すっかり寝込んでおりました。
ここずっとパートナーの心配でエネルギーを使い果たしてしまっていたのかもしれません。
自分に向き合えたことで気づくことができました。
相手を、自分を、信頼して生きる。

自分にやさしく、自分を愛でる。

私は私でいいんだということ。

ねろたんさんの愛あふれる講座で学んだこと、多くの気づきに感謝と幸せを感じます。
本当に素敵な時間でした。
ねろたんさん、ありがとうございました。
これからもよろしくお願いいたします。



ありがとうございました。

自分の性質を知ることで、どこにベクトルを向けたらいいのかが見えてきますね。
自分を変えたいと思うことにエネルギーを注げば注ぐほど、枯渇してしまう。
そこを受容した上で、どうあったらいいかにフォーカスすることのほうが、適切にエネルギーを注げるのだと思います。

講座の最後の方で、こんな時にはこうしたらいいと言うのもいくつかお伝えしました。
それも受容できているか否かで、スッキリ感も変わるのです。

で、またお試しもやってくるけどね^^
それが人生なのだ。
そんな時もどうしたらよいかも伝えてます。
だからもう大丈夫☆
それすらをも、大いに楽しみましょうね♪




自分とつながる宇宙の仕組みは
グループコースと個人コースがあります。

ワークは同じなのですが
個人の場合、ワークに対してカウンセリングを用いながら進めてゆくので
あなただけのカスタマイズセミナー&セッションという感じになります。

グループは、他の参加者さんのシェアを聴きながら
感じ得ることや気づきが多々あります。

どちらもおススメです☆

グループは5月14日(火)開催
個人コースは、随時ご予約を承っています。
日常を軽やかに過ごしてゆきたい方は、ぜひお越しくださいね☆



Happy Thoughts ねろたん ご提供メニュー
【セッション】
個人カウンセリング
メールセッション メディスンアニマルカードリーディング
コンシャスタッチワーク (ボディワーク)
アクセスバーズ🄬
リラクセンスボディセラピースペシャルセッション

【コース・セミナー】
アニマルコミュニケーション&ヒーリングコース(ACHコース)
自分とつながる宇宙の仕組み
個人コース 自分とつながる宇宙の仕組み
セラピストのビジネス心得講座
オラクルカードリーディングワーク講座
声紋分析心理カウンセリングお茶会
ねろたんのなんでもお話会
気づきのランチ会
わからないをそのままにしない アニマルコミュニケーション質疑応答会
ペンジュラムリーディングWS リクエスト開催2名様より
潜在意識にアクセス☆ドリームマップWS リクエスト開催2名様より
ユニバーサルヒーリングNT講座休止中

【フォローアップ】
アニマルコミュニケーションおさらい&練習会
ユニバーサルヒーリングNTおさらい&練習会
スーパーヴィジョン

キャンセルポリシー


ねろたんの公式サイト ヒーリングサロンMichi-Terrace
ねろたんのプロフィール
ご提供中の全メニュー
スケジュール情報
フェイスブックページ 元住吉ヒーリングサロン Michi-Terrace 
 いいねを押すと最新情報が届きます。
インスタ フォローしてね♪
メールの無料アイコン お問い合わせ

にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルカウンセリングへ  
4つのバナーをポチッとしてくださると嬉しいです
コメントは承認制です。
業者や出会い系など関係の無いコメントは承認せず削除しています。
関連記事
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply